フィコシアニンは藍藻素とも呼ばれている

main-img

フィコシアニンはスピルリナ特有成分なので、1日の必要摂取量はナシ藍藻の一種であるスピルリナは1962年にクレメント博士の長い研究の末に発見されたものです。


藍藻類はフィコシアニンという成分を含んでいて、水に浸すと綺麗な青い水溶液を呈すことで藍藻と呼ばれています。
藻類の形状は顕微鏡を通すとらせん状に見えるので螺旋藻(スピルリナ)と呼ばれています。


藍藻(スピルリナ)の中に有るフィコビリソームは、フィコシアニンやアロフィコシアニン、フィコエリトロビリンを含んでいます。


フィコシアニンは藍藻素や藻青素、藻藍蛋白にフィコシアンとも呼ばれていて、藍藻の成分の中でも大変重要な成分です。

Yahoo!知恵袋に関する情報を見極め、信頼できる情報を厳選しました。

様々な研究によって人の身体にたくさんの効果をもたらすことが実証されていて医学界でも肯定されています。
スピルリナ特有の成分でもありますがアサクサノリにもわずかに含まれています。



1日に摂取量は決まってなくてスピルリナを摂取しない限りは取り込むことは出来ません。

主な効果として抗酸化作用や免疫力アップ、炎症予防があります。


とくに注目されているのは「抗酸化作用」で、活性酸素を除去する作用があるのでシミやそばかすの予防や改善に効果的だとされています。他にもデトックス効果もあるとされていて中性脂肪を低下させる作用があって、おなかの周りにつく脂肪の殆どは中性脂肪ですがこれはなかなか落ちにくいです。

スーパーフードはこちらのサイトで情報公開中です。

スピルリナは中性脂肪の軽減効果があることでも注目されています。

基本知識

subpage1

数あるアンチエイジング食品の中でも、近年特に注目されているのがスピルリナです。これは藻の一種で、およそ35億年前に誕生して以来ほとんど姿を変えていない、きわめて生命力の高い植物です。...

more

身に付けたい知識

subpage2

美容と健康を維持する上で、とても有効な成分のフィコシアニンについて、ご存知でしょうか?これは、藍藻をや灰色藻や紅藻などの藻類などに含まれる水溶性の色素タンパク質で、鮮やかな青色をしておち、光合成色素としても、知られています。、フィコシアニンは、抗酸化作用が高いことで有名ですが、国内外の様々な研究において、抗酸化作用の他に、抗炎症作用、細胞及び肝臓の保護作用、免疫機能の向上作用など、美容と健康に関係のある効能がたくさんあることが、報告されています。...

more

医療入門

subpage3

フィコシアニンとは海苔などの藻類に含まれる色素タンパク質の一つです。植物に生命の源である光合成色素の一つフィコシアニン。...

more

最新情報

subpage4

スピルリナは35億年以上も前に地球上に誕生した藍藻類の一種であり、細胞がねじれた形になっていることが特徴です。全長が0.3〜0.5mm程度の小さな植物なのですが、淡水に生息する一般的な藻と違って過酷な環境下で繁殖できる強力な生命力を持っています。...

more